野外展示を避けてきた私が、山へ繰り出す。

コヅカ・アートフェスティバルにはじめて訪れたのは、多分息子が2歳かそこらの、まだベビーカーに乗っていた頃。

何も知らずに行った私は、駐車場に車を止めてから、どんどん急になる山道を一人でベビーカーをおして登り、その壮絶な道のりに、ああ、父ちゃんがいたら…と、めげそうになったものです。

汗だくになりながら上の方まで行くとやっと、人の気配がしだして、涼しい風が吹き抜け、着いた。。と安堵したのを覚えています。

会場に到着しただけで、すでに相当な達成感・・

アーティストたちは山の中の思い思いの場所で表現し、日替わりシェフのご飯が食べられる見晴らし最高の山小屋や、石窯で焼くピザ、他にも個性的な露店が出ていたりしていました。

ベビーカーでは入っていけないような場所でもワークショップをしている人がいたり、棚田だったところにステージを作り、演劇をやっていたり。

この時は半分も見られなかったけど、いつか自分も出たいなーと思いながら、帰りも長い長い道のりを下山してきたのです。

 

それから月日は流れ、息子ももうすぐ5歳。

私も、2年と少しの間に、気づけば水引で生計を立てられるようになりつつあり、アーティストとしての参加が夢ではなくなっていました。

いざ。

先日、参加のためのガイダンスを受けに、再びあの山の上に(今回は車ですが)行ってきました。

 

正直、行きと帰りで、頭の中がまるっきり切り替わった。

 

そもそもは『アートによる里山整備』の理念ではじまったフェス。

アーティストがこの場にきて受けた各々のインスピレーションを元に、一度荒れてしまった里山に継続的に関わって行くことで、繋がりを取り戻していく場です。

『インスピレーションをできる限り止めない』ということも大切にされていて、

どこか場所を借りて開催されるイベントだったらありとあらゆる様々な制約があるところ、

ここでは、この土地を持つ主催者がOKすれば、基本どの場所をどのくらい使って何をやってもOK。開墾しても笑。
もちろん全て自己責任ですが。

期間中、フリーで山小屋に泊まることもできます。
最近は、キャンプもできるよう進めているようです。

これだけ自由にって、他ではなかなかない。

山の中に、自分専用の場所を作れるって
結構すごいことですよね!

でもだからこそ、唯一の参加条件
協賛金の5千円と【ガイダンスに出て山を歩くこと】
を大切にされているんだと思いました。

売り上げの一部をどうとかいうのも無く、販売してもしなくても、純粋に表現したいことをできる場。

山にコブを作って、そういう自転車を乗る場所を作った方もいるとか笑

ここまで自由で、場所取りなど混乱しないの?とも思いますが、そこは

『早い者勝ちの譲り合い』

だそうです。

 

この合言葉で『調和』が保たれているようです^^

 

この山は元々、300年以上前から人が自然と共生して豊かに暮らしていた痕跡がそこここに残っており、私も実際にガイダンスでは山を歩いて、今は鬱蒼とした杉林でも、昔は棚田だった痕跡が残る場所など、見て回ってきました。

山の中の平らな土地は、自然にできることはほぼないので、人の手が入っている可能性が高いそう。

この林の奥の方まで棚田だったと言うから驚きです。

そして、このフェスがはじまってから、新たに少しずつ整備されてきた場所も見てきました。

毎年参加するアーティストなどは、自分で場所作りから始め、毎年その場所と関わり続ける方も増えてきているようです。

期間前から、ちょくちょく訪れて準備をする方がいたり
期間中に準備をはじめる方もいたりとか笑

 

こうした継続した関わりや、フェス自体が毎年行われることで、山と人との繋がりを取り戻し、道も来場者によって踏みしめられることで道として残っていく。

人が通らなくなれば、数年で舗装してない道は消えてしまうようです。

 

このガイダンスに出るまで
水引は濡れたらダメだから、メイン会場の山小屋に少し展示して、ワークショップも山小屋でできたらいいな、なんて考えてたのですが…

完全に、考え改めました!

そんなのもったいない。
ここだからできることをやろう。
森を歩きながら、何か小さなスイッチがカチッと入りました。

今まで、紙という繊細な素材ゆえ、野外イベントはおろか、展示販売すら出品するのをためらっていたのですが、

野外どころが、森の茂みの中で展示したくなってきました(≧∇≦)

インスピレーションきてるきてる♡

思い切り遊んできます!

 

開催場所は比較的都内からも行きやすい
千葉県鴨川市金束1710
詳細はHPをご確認ください。

夏休みの、お子様連れにもオススメです♪
アーティストの参加もまだまだOK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です