MIZUHIKI NATURE展 ダイジェスト

 HEISAURA

千葉の南端にある『平砂浦』というサーフィンで賑わう海岸。
こどもの送迎で毎日横を通り、たまに裸足でアーシングしてる馴染みの場所。
左側の砂浜は砂丘になっています。

アトリエは内房(東京湾側)と外房(太平洋側)のちょうど堺あたりにあるのですが、穏やかな内房から一気に波が荒くなる外房の海を表現しました。

沖からだんだん盛り上がって近づいてくる波
波が割れる瞬間
砕け散る波
泡立ち引いていく波

水引に微妙なカールをつけて重ね、表現しました。

個展に向け一番最初に作った、一番人気の作品。

 

花火

こちらは館山湾で開催される水中花火をモチーフに。

館山湾は鏡ヶ浦とも言われるくらい波が穏やかで
水面に鏡のように花火が写っています。

花火の部分は半立体になっており
先程の波よりさらに繊細なカーブをつけ
先端をペンチで潰したりもして

一本一本息を止めて接着し
呼吸困難の一歩手前でしたw

接着剤をつけた水引を変な場所に落としてしまうと
跡が目立つ黒の背景なので
とても気を使いました。

これはぜひ近くで見て欲しいです。

 

デルフィニウム

お客様からのオーダーで初めて知った花です。

花びらがひらひらと無造作に何枚にも重なり
一見不揃いのようで芯が通っている自然物の微妙な揺らぎ。

蕾から段々花開くところを表現しました。

本物と同じに作るのではなく
水引で表現しやすく、かつ、その花らしい部分を拾って
自然に見えるように心がけています。

 

カモミール

丸と線だけでどこまでできるかな?
に挑戦してみた作品。

実際のカモミールよりだいぶ簡略化
花の散り方もちょっと違うのですが
絵としてこうしました。

ヒョロヒョロどんどん伸びていく
とても生命力の強いカモミールの茎のライン。
水引に手でクセ付けし命を吹き込みました。

 

ヤブラン

水引では昔から様々な葉っぱが表現されていますが
『観葉植物っぽい葉っぱって見たことないよね』
と思って作り始めた葉っぱシリーズ。

これは、庭に咲いていた植物で
観葉植物ではなさそうですが・・
あ、なんかこの葉っぱ作りたーい♪と
思いつきで作った作品。

後からタイトルをつけるのに名前がわからず
あれこれ調べたら、ヤブランと言う野草のようです。
葉っぱの立体的な重なりを工夫しました。


ポピー

南房総は花の町。ポピーもあちこちで見ます。

花びらを伝統的な結びで作ろうとすると
どうしても重たい印象になってしまうので
あれこれやって編み出した方法です。

蕾は、おなじみ水引毬飾りの結びで作っています。
球体にする方が難しいので、これは難なく♪

どうしてそう、ひねくれてんの!
と言いたくなる独特の茎。
最後までどうひねくれさすか悩みました。
初めての額装品、構図って難しい!

写真だとわかりにくいですが
額内の限られた空間で茎も立体的に動きを出しているので
見る位置によってだいぶ見え方が変わります。

 

蔓植物

お洒落な雑貨屋さんに飾られているような
ドライの可愛さを出したかった。

あと、たまらない蔓のくるくる。

ある道具を使って水引を巻くのですが
右巻きと左巻きとで、またカール具合が変わります。
水引自体がよりをかけて作られているので

その回転方向との関係だと思います。
これは水引ならではの表現。

実がたくさんついてる軸?の部分は
水引だとどうしても太さが気になり
ここだけは針金で作りました。

ちょっとしたことなのだけど
こういう微妙なところで
可愛くなくなったりするので
個人的なこだわり。

 

ピンクフラワー

今までは水引というと、はっきりした色が多く
中々ニュアンスカラーが表現しにくく
いっそ自分で染めたろか、と思ったくらい。

最近の水引人気により製造元で可愛い色が増え
手に入れた初めて使う一番淡いピンク色。

使いたくて使いたくて作った作品です笑

 

オオイヌノフグリ


これは特に難しいことはしてないのですが
とにかく、可愛く。
無造作に生えてる雑草の感じ。

背景の色と水引のマッチ具合も
他の作品よりだいぶ色々試しました。

そして配置にいっちばーん時間かかりました。

違和感なく見えていたら、成功です。

 

以上の9品!をメインに展示いたしました。

 

額装品より手軽に飾っていただける
開閉できる小箱入りの作品も10点前後あります。

壁に飾っても、棚に立てても。
クリスマスツリーやお正月小箱もあるので、
普段はしまっておいてたまに開いてみたり。

ただ、私の表現を小箱に詰め込んだものです。

その他、髪飾り・アクセサリー類も置いてます。

 

いよいよ、最終週となり、残すところ
11/23木・24金・25土・26日 (17時Close)です。
通常12-21時Open

最終日は私も在廊予定です。
ご訪問心よりお待ちしています(*^^*)

展示詳細は、こちらのページでご確認ください。

売約済のものもありますが
同じもののオーダーも承れますので
ご購入希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

「MIZUHIKI NATURE展 ダイジェスト」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です