水引人生を揺るがす大発見!(☉∀☉)

水引というのは
祝儀袋についてる飾り紐の事ですが

水引は張りがありピーンとしていて
そのまま結ぼうとすると折れてしまう。

指でしごいて
柔らかくカーブをつけながら結ぶと
綺麗なラインが出来ていきます。
(細長く切った紙を指でしごくと丸まるのと同じ原理)

水引の種類により硬さは様々ですが
硬い水引を1日しごいて結んでいると、
指が結構ボロボロに痛い・・

でも他の方法があるなんて考えもせず
師匠に教えられたように
ひたすら指でしごいてたんです。

そしたら!

少し前に買った
水引細工のハウツー本にて。

初心者向けの結びはほとんど知ってるので
アイディアを参考にする程度で
ちゃんと読んでなかったんですが

ふと見たページで
水引人生を揺るがす大発見が!!

手ではなく

目打ちでしごいている!!

手でなくていいんだっwww

これだけのことなんだけど
凄い衝撃が走りました。

やってみると、ちょーーーー楽!

作品によっては手じゃないと
うまくいかないものもありますが

最初に目打ちでしごいとくと
すごーく結びやすい。

私の師匠は80歳を越えていて
師匠の時代は職人が作った
とても柔らかくしなやかな水引
を使っていたからそうだったんでしょう。

今はもう機械で作られた硬い水引ばかりなので
目打ちなど、硬いものでしごく方法が
できてきたのかもしれない。

何事も学び続けないと
取り残されてしまいますね〜ε-(´∀`; )

あーこの感動、なかなか伝わらないよね〜w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です