便秘もいろいろ。アーシング便秘w

去年は、情報を追うばかりで行動に移せない
『アウトプット便秘』という言葉を知り

今年新たに『アーシング便秘』を知った( ̄ー ̄)

日常的に電磁波を浴び続け、静電気を
溜め込む一方で放電できない状態をいいます。

人の体は裸足で大地に立つことで
大地と同じ0ボルトになるようにできてる。

靴などで絶縁され続けていると、常時数ボルト
電磁波の強い場所ではメーターが振り切れる
数十ボルトも帯電してるんです。

私も計測してみてビックリ。

ちなみにコンセントは100ボルト、ですね。

電気の事って基本、チンプンカンプンで
私も学びながら伝えているため
理系の方、説明がおかしかったらゴメンなさいw

なんとなくイメージしてもらえればと。。

アーシングは邪気を抜くとか
大地のパワーをもらうとか
スピリチュアルな繋がりとか
色々なことが言われますが

上記の『放電』と『自由電子のチャージ』を
アーシングでは最も重要視しているようです。

世界一過酷なスポーツと言われる
『ツール・ド・フランス』の選手たちも
怪我や体力消耗した体の回復の為に、開催期間中
毎晩アーシングを義務付けられていたりするくらい

結構、科学的にも効果が認められてるアーシング。

『自由電子のチャージ』がもたらす効果など
についても、また書いてみたいと思います(*^_^*)

アウトプット便秘は
人に話したり、行動に移したり
ネットでも解消できたりしますが

電子機器に触れる時間が長いと
今度はアーシング便秘になりがち ω

以前は電子機器を悪者にしてしまって
脱スマホ経験もありますがw

今はむしろ感謝の気持ちの方が大きく
アーシングによって、電磁波環境とも
うまく付き合う方法を模索する方が楽しい♪(´ε` )

大地や大地と繋がっている動植物に触れるだけで
誰でもできるアーシング
やらない手はないでしょう・・♡

アーシング仲間と情報共有したい方には
【アーシング部】コミュ二ティもあります( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です