破損品の行方、その後。

破損品の行方、その後。

先日、百貨店から破損して戻ってきたと
騒いでいた金漆のかんざし

新品として売り物にはできませんが
飾りとしては問題なく利用できるので

修復して再び命を吹き込み
スタジオで生き返りました♡

ちょっと小さくてわかりにくいですが
おリボンの右上に刺してもらってるものです。

こんなに素敵に使ってもらえるなんて、どうせ捨てられるだけの買い取りをお願いしなくてよかった!

スタジオで髪飾りをご利用いただいたお客様からもオーダーが入るようになり、嬉しいことばかり(*^_^*)