micono Fiber artのアイコンにしている真っ白な紫陽花。

5年前のちょうど今ぐらいの時期に作りました。

紫陽花なんていうと特に、つい色んな色の水引を欲張りに使いたくなってしまうのだけど、散歩中にたまたまこの真っ白な紫陽花の美しさがハッと目に留まり、真っ白の作品を作ったんです。

なんかこれがしっくりきて、名刺やアイコンなどに使うことにしました。

今思うと、これから色づけしていく真っ白なキャンバスのようで、自分の事業をはじめるシンボルとしてなんかピッタリだったなぁ。

それから山あり谷あり水引創作を続け、昨年は台風被害もあり本当にどん底でした。

あまり人も通らない小道にひっそりと咲いていたこの紫陽花も、台風で相当ズタズタにやられていたはずです。

と言ってもほとんど忘れていたのですが、あれから5年、また同じ場所で人知れず花を咲かせているこの紫陽花に再び目が止まり、ハッとしました。

走馬灯のように…とは大袈裟だけど、ここから始まったんだよねぇとしみじみ。

なんて事はないけど、自分で紡いできた小さなストーリーがあるって、愛おしいな。