松の生 6 -松かさ-

春に受粉した雌花(めばな)は秋にかけて成熟し、寒さにじっと耐え冬を越します。

房総ではあまり雪が積もりませんが、冬の松といえば、雪吊り。
雪の重みで枝が折れてしまわないよう、枝を縄で吊って支えてあげるものです。

しんしんと降り積もる雪と雪の結晶、和製クリスマスツリーのようです。

雪吊りで有名なのは、水引産地の一つでもある金沢の兼六園。
庭園では立派な雪吊りが見ることができます。